gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

ビールフェスティバル中止 3 ( 訂正 ; フォローアップ )

訂正なのだ。



ビールフェスティバルは中止のままだ。


フード & ベバレージ フェスティバルの方は許可が出たのだが、それをビールフェスティバルと混同してしまった。


お詫びして訂正する。




フード&ベバレージ フェスティバルのほうも大勢の人が訪れるのだが、こちらは警察の管轄じゃない ので、口出しできない ということのようだ。


両方とも似たようなフェスティバルなのだが 一方は開催オッケー、一方は開催不許可とは、 何がなんだか 分かりにくい話しなのだ。






フェスティバルで、アルコール飲料が出るのか 出ないのか で許可/不許可の違い になるのか、それとも過激集団が大勢の人が集まるフェスティバルで騒ぎを起こすかもしれないという理由 (ビールフェスティバル不許可の警察説明) で不許可なのか。


前者なら ムスリムの世界を非ムスリムの人々にも押し付けるのかという反発が出るわけだし、後者なら 両方のフェスティバルとも治安維持という事で警察マターじゃないか、と思うのだが。。。


そして 後者の度が過ぎて、民間が開催するイベントを 警察が治安維持の点からむやみに不許可にするということになると こりゃまた大変な騒動になるし。。




そこのところを新聞記事は 次のように書いている。


North Klang district police chief ACP Mazelan Paijan on Saturday had dismissed the existence of the support letter, adding that police would not allow the event as alcoholic beverages would be served.

(注) 地区警察署長は アルコールベバレージが提供されるイベントは不許可にする と言っている。


However, Inspector-General of Police Tan Sri Mohamad Fuzi Harun today said the police had no power to cancel the event as it was under the authority of the respective local government.

(注) 警察庁長官からは (上記警察署長の発言を訂正すべく) イベントの許可/不許可は警察管轄外だ、と言っている。



Many had compared the case with the cancellation of Better Beer Festival 2017 following similar objection brought up by PAS.

( 注) という状況なので、庶民は混乱するのだ。だから、この英文、Many are confused comparing the case with the cancellation という意味なのだ。


The organiser's application for a permit on Aug 28 to hold the event at Publika was rejected by the Kuala Lumpur City Hall.


:::::::::::::

Green light for German F&B party: Teng

http://www.thesundaily.my/news/2017/10/03/green-light-german-fb-party-teng

:::::::::::::



ビールフェスティバルの方は、一旦 不許可にした以上 それを取り消すことはできないとしたものの、あまりに世間からの反発が強かったので、フード&ベバレージフェスティバルについては 警察は口出ししない ことにして 世間を沈静化させた ということなのだろうか。



いずれにしろ、論理性に拘ることなく、世論沈静化を最優先とする 実に 融通が利く判断だ。



私は マレーシアのこういうところに魅力を感じてしまうのだ。



以上 (9/3記)