gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

マレー半島 歴史ロマンチック街道 2



歴史ロマンチック街道を少し勉強してみた。



内陸部の河川交通路、Penarikan Portage / Jalan Penarikan ルート のことだ。



まずは Wikipediaを読んだ。


「Jalan Penarikan」 @Wikipedia

https://en.wikipedia.org/wiki/Jalan_Penarikan?wprov=sfti1



次に それ以外もいろいろ探して読んでみた。



以下は Wikipedia からの引用ではない。





As early as the 13th century, the armies of the Thai King were said to have used the Penarikan Portage route in their operations against the Sultan of Johor. The Thais even tried to build a canal to link the two rivers and the tombstone of a Thai commander was discovered at Jempol bearing the date 1265AD.


13世紀に タイ国王の軍隊がジョホールのスルタンを攻めた時の侵攻ルートだ。侵攻作戦として、 二つの河の間を結ぶ運河を掘ろうとした という記録もある。



In the 14th century, Arab merchants looking to trade and spread Islam among the Malays, were keen to avoid the arduous journey around the southern tip of the peninsula and the pirate-infested waters of the Straits of Johor. They were introduced to the inland waterway shortcut to the east coast.


14世紀には、アラブ商人が交易拡大とイスラム教をマレーに広めたのだが、海賊の多いマレー半島南端の海峡経由ルートを避けて 半島内陸部を通る近道ルートの開発に熱心だった。



The legendary Hang Tuah was said to have used this route when he fled with Tun Teja to Pahang in the 15th century.

Similarly, the last Sultan of Malacca used the rivers to escape the Portuguese.


15世紀には伝説の武人 ハントア がタンテジャと一緒にパハンに逃げる時にこのルートを使った。


(注) パハンに逃げる ではなく パハンからマラッカに逃げる の誤りじゃないか と思うが、上記 英文のままに とりあえずしておく。なお、タンテジャというのは マラッカスルタンの夫人の中の一人、絶世の美女。 別途 ブログ記事に記載予定。


また マラッカ王国の最後のスルタンが攻めて来るポルトガル軍から逃げる時にもこのルートを使った。



In 1613, a Portuguese named Godinho de Eredia drew one of the first maps of the crossing and claimed to have made the journey from Muar to Pekan by boat in 6 days.


1613年には、ポルトガル人 ゴディンホ デ エレディア が 初めて 地図を作成して 西側のムアールから 東側の プカン までボートで6日間かけて到達した という記録を残している。



In 1827, a British traveller called Charles Gray wrote about a journey from Jempol to Malacca via the River Muar in 8 days which seems more likely as it was only half of the full journey and he was travelling with the current.


1827年には、英国人の旅行者 チャールズ グレイ が ジュムポルからマラッカまで ムアール河経由で8日間かけて到達したと記録している。


In 1865, another British official, Daly, left a full account of his trans-peninsular trip via the Penarikan in a 'prahu' taking 10 days of provisions including rice, tea, tin sardines, and ammunition for hunting pigeons. When his party reached the Penarikan Portage, they paid 14 men ten cents each to drag the boat the quarter mile distance from one river to the next. It took two hours of effort.


1865年には、別の英国官吏 デイリーが 半島横断旅行で このルートを使って10日かけて半島の横断をしたが、Penarikan Portage の地点では 14人にボートを陸地で引きずらせ 2時間かけて 1/4マイルの距離を移動してたと記録している。


以上が要約だ。






もう少し 詳しくみてみよう。



There are no concrete historical records that accurately documented when Jalan Penarikan was discovered.


いつ Jalan Penarikan のルートが発見されたかを示す歴史的な記録文書は存在しない。



Jalan Penarikan was believed to have been discovered by nine families from Pasai (modern day Acheh), in their quest to search for a new settlement on fertile grounds.


パサイ(現 インドネシア アチェ)から 9家族が肥沃な土地を求めて 定住の地を探す旅に出て、 Jalan Penarikan にたどり着いた と言う言い伝えがある。


Finally, these pioneers ended up in Jempol, Negeri Sembilan, an area located between two major rivers for inland transportation – the Muar and Pahang Rivers. The lands were fertile for paddy cultivation and the pioneers decided to name this place ‘Jempol’ which, according to the dictionary of Dewan Bahasa dan Pustaka, roughly means ‘the best place’.


9家族の開拓者は 現在の ネグリスンビランのジュムポルの地に到達し、この Jalan Penarikanが 内陸水路移動(河川交通)に適した二つの河の間にあり、土地が肥沃で耕作に適していることから定住地と決め、ベストな場所 を意味する ジュムポル と命名した。



When the Pasai pioneers first arrived, they discovered that the Muar River and the Pahang River (via Serting River) were separated by a narrow strip of land of about 600 meters in distance. This required them to pull their boats off shore to get from one river to the other, hence the name ‘penarikan’ or ‘portage’. Since then, Jalan Penarikan became popular among Arab traders seeking a shorter and a safer way to the South China Sea without having to go around the Peninsula via the Straits of Malacca and Singapore.


パサイからの開拓者が最初にこの地に到達した時、ムアール河とパハン河の間の距離は600メートルしか離れておらず、開拓者達は 船を河から陸地に引き揚げ 600メートルの距離を引きずって 次の河に浮かべた 。このことから この地点は Jalan Penarikan (引きずり道路) と呼ばれることになり、そのことが アラブ商人に知られるようになった。


Besides serving as an important inland route for trade, Jalan Penarikan was also crucial in territorial expansion and conquest. Jalan Penarikan was navigated by the mighty Srivijayan army in extending their territory into the Peninsula as well as in spreading the Buddhist faith. When Malacca rose to pre-eminence, it was then utilised by the Sultanate not only as a trading route, but also a conduit to spread the Islamic faith.


やがて Jalan Penarikaルートは アラブ商人にとっての交易ルートというだけでなく、領土拡大を目論むシュリーヴィジャヤ王国にとっても重要な征服ルートおよび仏教の拡大ルートとして利用されることになった。


このシュリーヴィジャヤ王国とは インドネシアやマレー半島、フィリピンに大きな影響を与えたスマトラ島のマレー系海上交易国家だ。漢文では「室利仏逝」と音訳表記される。王国の起源ははっきりしないが、7世紀にはマラッカ海峡を支配して東西貿易で重要な位置をしめるようになった。


今ではマレーシアはイスラム教国家だが かつては仏教国だった時期があるのだ。




Siam was believed to have utilised this route in their military expedition against the Malacca Sultanate.


タイのシャム王国も マラッカのスルタン王国を侵略すべく、この ルートを侵攻した と言われている。




This historical fact was strengthened by the discovery of the tombstone of a Siamese commander dated 1265 – which may suggest that Malacca could have existed earlier than 1400. Contrary to popular opinion, the Malaysian Patriotism and History Research Institute (IKSEP) suggested that Malacca might have been established in 1262.


シャムの軍隊司令官の碑文も発見されているのだが、その碑文には1265年と記されている。これはマラッカ攻撃の碑文なのだが、マラッカ王国の存在期間 は通説では 1402年 - 1511年 とされている。このことから マラッカ王国は 実は 1262年には成立していたとする見解も出てきている。



When the Portuguese seized Malacca in 1511, Sultan Mahmud Shah used this route to flee to Pahang in his failed attempt to seek help from China.


そして ポルトガルがマラッカ王国を占領した1511年 、マラッカを脱出したスルタンは このルートを使ってパハンに逃れ、そこから中国に応援を頼もうとしたのだが、中国への応援依頼工作は 失敗に終わってしまった。



The Europeans have also navigated through Jalan Penarikan. In 1613, a Portuguese navigator was reported to have sailed from Muar to Pekan via Jalan Penarikan. It took him six days to reach his destination. British records indicated that the portage from Muar to Pahang River generally took about two hours of effort with the might of 14 able-bodied men. The portage time will be longer if it involved larger boats.


As the main route linking the west and the east, Jalan Penarikan used to be a busy route with active trading activities particularly along the portage area. Although it is hard now to imagine that rivers in the interiors of the Peninsula could be navigated by large boats, these rivers once have the depths of about 6-9 meters. Due to urbanisation, logging and land-clearings, rivers around Jalan Penarikan now are silting up to only about 1.5 meters deep.


半島東西を横断する河川交通の主要ルートとして このルートが頻繁に利用されていた当時、Jalan Penarikan界隈での河の深さは6〜9メーターほどあったと考えられている。それが今では 水深 1.5メーターに過ぎない。都市化、 森林伐採、整地化 などの影響だ。



During British rule, modern roads and railroads were built connecting towns and cities in the west and east coasts. Road connection between Port Klang and Kuantan, known as Federal Route 2, of about 276 kilometers in length was built in 1915 and was fully completed two years after Malayan independence in 1959. The steady modernisation of Malaysia subsequent to independence meant that road and rail transportation have taken over the function of rivers in facilitating inland transportation, hence, decreasing the importance of Jalan Penarikan as the main conduit between the east and the west.z。


英国統治下では 近代的道路が整備され、鉄道も敷設され 1959年の独立後においても マレー半島西海岸と東海岸を結ぶ交通の高速化は続いたのだが、そのことで いつの間にか、Jalan Penarikan ルートの重要性は無くなり、そして 人々から忘れ去られてしまった。



With modern highways criss-crossing Peninsula Malaysia, Jalan Penarikan is no longer a route of substantial importance and is now slowly forgotten and neglected in despair.


マラッカ海峡は今も海上交通の主要ルート、一方、内陸部河川交通の Jalan Penarikanルートは、今ではすっかり忘れられた河川街道、 でも、かつては 歴史の表舞台で主要街道だったのだ。



:::::::::::::


(以上を勉強した感想)




マレー人は どこから来た人たちなのだろう というテーマを以前 読んだことがある。


今回の勉強を通じて、Jalan Penarikanルート を通って来た人たちには、インドネシア系 もいるし タイ系もいることがわかった。


オランアスリが 本来のマレー土着の人種/民族 であることは 間違いないのだが、マレー系と言われる人たちは 太古からの土着民族ではなく 外地から移住して来た民族で、インドネシア系とタイ系の2種類の系統がある という説を読んだことがある。



Jalan Penarikan ルートは 「日本民族はどこから来たのか 、その移動ルートは? 」というテーマに匹敵するほどのマレーシア版歴史ロマンチック街道なのだ、私にとっては。



(参考)


動画


Jalan Penarikan An Ancient Portage



記事


https://www.nst.com.my/news/nation/2017/10/286969/historical-penarikan-portege-river-expedition-takes-participants-down





以上