gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

核エネルギー事情 in マレーシア



Can Malaysia embark on nuclear power? Not quite yet, say experts


https://www.nst.com.my/news/nation/2017/08/265429/can-malaysia-embark-nuclear-power-not-quite-yet-say-experts





マレーシアの核開発状況はどうなっているんだろうか。


核開発といっても マレーシアの場合は 核兵器のことじゃなくて、原子力発電などのエネルギー供給としての開発の事だが。


In March, the final report of the Integrated Nuclear Infrastructure Review (INIR) Mission phase one, initiated by the International Atomic Energy Agency, concluded that Malaysia is thoroughly prepared for nuclear power.


2017/3 に発表されたINIR第1段階ミッション最終レポートでは、マレーシアは核エネルギー開発に向けて準備万端としている。


現状は石炭と天然ガスにエネルギー源を大きく依存しているが、エネルギー供給源確保という国家安全上の観点からは、将来的には核エネルギーが必要だ、という認識がされているのだ。


Zamzam said there is a need for Malaysia to develop nuclear energy in order to meet future demand as well as for energy security.


"Currently, we rely heavily on coal and natural gas for power generation. As for energy security, it is because we do not know what will happen in the future," he said.



2009年度のプランでは2021年をターゲット年としていた。


Under the Economic Transformation Programme (ETP), a Nuclear Power Development Steering Committee was established in June 2009, to plan and coordinate preparatory efforts towards deploying nuclear energy for electricity generation, which stated 2021 as the target year.


しかし 諸事情により 2030年以降に延期された。



However, in November last year, Minister in the Prime Minister's Department Datuk Seri Nancy Shukri said the country's nuclear programme will only kick off after 2030.



諸事情というのは もちろん 日本での大津波による福島原発問題だ。


The decision was due to the present development and sentiment on nuclear power, specifically the tsunami effect on Japan's Fukushima nuclear power plant in March 2011.



以上