gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

GPS Garmin ( また壊れた )



昨日 ペナンからの帰路のことだ。


E1を運転し、タイピン/クアラカンサー付近のサービスエリアで休息した。



休息時、GPSの案内はもう不要だ、と思い 取り外した。



休息後、再びイポーに向かって、運転を始めたのだが、GPSをつけていないと、スピード違反取り締まりカメラ設置の警告音がでないことに気づき、GPSを取り付けようとした。


ところが、電源が入らないのだ。


何度やっても 画面は真っ黒なままだ。



結局、スピードには気をつけて運転し、無事 自宅に到着したのだが、今後の運転を考えるとやはり GPSがないと困る。



GPSは購入後 もう3年半くらい経っているので 故障したのだろう、仕方ないので、新品をLAZADAでネット注文しよう と思い、調べてみた。


490RM もする。




よほど 現在利用中の現地携帯電話を スマホに切り替えて Google Map をGPS代わりに使おうか とも思ったのだが、そうすると ランニングコストが増加しそうだ。



なにしろ、すでに TMとはインターネット契約しており、外出先でも Wi-fi環境の場所で iPadタブレット利用をする生活で コストセーブを図っているので、これ以上のランニングコスト増加になるような要因は排除したい。 でも スマホに切り替えれば、スマホ機種の購入代だけで済まない。



それに 日本でも インターネットプロバイダー と契約をしているし、さらに NTTドコモとも日本利用目的でのガラ携の通話契約をしているので、マレーシアでのTM契約の料金を加えた 全体の通信関係コストは、結構 大きな負担になっている。


だから 色々検討の結果、マレーシア用の携帯電話は プリペイド式の非スマホ電話機種を使い続けているのだ。


この通信体制で 大きな問題はなかった のだが、GPSが故障となると、再度 スマホへの切り替えにするか、新しいGPSのGarmin機種を購入するか、というコスト計算比較をしないといけない。



うーん と迷っていたのだが、本日 Garminをつけてみたら 作動したのだ。



昨日は、ウンともすんとも 言わなくてなってしまった Garmin だが、一日経ったら 正常モードに回復したのだ。



そういえば 以前にも 同様のことがあった。


KLで イポーに帰ろうと、KL市内の高架道路を運転中、突然 Garmin の画面が真っ黒になって 作動しなくなったのだ。


あの時は 雨も降っていたし、慣れないKL市内を GPSなしで 急に運転する事態になり、本当に慌てた。



夢中で 高架道路をやみくもに走ること、約30分、突如 Garmin が回復した。



現在 使用中の Garmin は やはり 500RM くらいだった。 でも 精度があまり良くないのだ。外出時 、初めての目的地の場合、自宅で まずは Google Map で正確な場所を把握してから、出発することにしている。



以上 (12/21記)