gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

外国人労働者 ( 最終的な労働力は どこの国からの出稼ぎに頼るのだろうか )



Malaysia needs foreign workers to meet shortage of manpower | New Straits Times | Malaysia General Business Sports and Lifestyle News


https://www.nst.com.my/news/nation/2018/01/323365/malaysia-needs-foreign-workers-meet-shortage-manpower



マレーシアでは 建設現場とか パームヤシプランテーションでの肉体労働は外国人労働者に大きく依存している。


昔は インドから移住してきたインド系マレー人が それらの肉体労働の担い手だったが、やはり きつい労働なのだろう、インド系の若者もそれらの労働につかないようになってしまった。


他方、マレーシア近隣の諸国にとっては、マレーシアへの出稼ぎは 魅力があるのだろう、ということで、需要と供給がマッチして、どんどんと外国人労働力に依存する体質の国になってしまったのだ。



どこの国からの出稼ぎが多いかと言うと、インドネシア、ネパール、バングラデシュ などだ。


しかし 例えば インドネシアでは マレーシアと同じように パームヤシプランテーションが多く開発され始め、高賃金を支払い労働者を集め始めたことから、わざわざマレーシアに出稼ぎにくるインドネシア人が少なくなってきているという。


Now, we are facing a shortage as Indonesia has opened up many oil palm plantations that offer good salary.



でも まだまだ マレーシア近隣諸国には マレーシアへの出稼ぎを期待できる国がありそうだ。


カンボジアなどだ。


そして カンボジアが終われば ミャンマーかなぁ 、 ラオスかなぁ、 そして そのあとは ロボット労働者の時代になって行くのだろうか。


以上