gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

アルハムドリラー Alhamdulillah ( おかげさまで : どんな時に使う表現か )

アルハムドゥリッラー = アルハムドリラー = Alhamdulillah とは 神に感謝して という意味だ。


発音を区切ると アル ・ ハムドゥ ・ リ ・ ラー だ。



最初の部分の アル は 英語でいうところの the で 最後の部分の ラー は アッラーの神 の ラー 。


そして 真ん中の ハムドゥ は 称賛 。


リ は いささか難しいので割愛するが まぁ前置詞のひとつだ。



だから 「アル ・ ハムドゥ ・ リ ・ ラー 」= 「すべての 賞賛は神(アッラー)にある」 ということであり、それは つまり 神への感謝を表す表現なのだが、日常会話では「 おかげさまで 」 という意味合いで使われる とも書いてあった。


:::::::::::::


The phrase has three basic parts:


al - The definite article, "the".

ḥamdu - literally meaning "praise", "commendation".

li-llāh - preposition + noun Allāh. Li- is a dative preposition.

The word "Allah" means "God." It is a contraction of the definite article al- and the word ʾilāh (a god, deity). Like in English, the article is used here to single out the noun as being the only one of its kind, "the god" (the one and only) or "God". Therefore, "Allah" is the Arabic word for "God". "ʾilāh" is the Arabic cognate of the ancient Semitic name for God, El.


:::::::::::::






ナジブ首相も サウジアラビア訪問の旅から無事マレーシアに帰国したことを アルハムドリラー と言って 神に感謝している。



我々 外国人が 、 しかも イスラム教徒ではない外国人が マレー系の人の前で 気軽に アルハムドリラー という表現を使っていいものか どうか 良く分からないのだが、「 おかげさまで 」 と言いたい場合でも 軽々しく使うべきではなく 神さまに感謝したくなるくらい ありがたい シティエーション の時に使う表現なのかも。



ゴルフで考えてみるに、ホールインワンの場合が該当するだろう。


神の助けなしには ホールインワンなどあり得ないので、これは間違いない。



でも、ホールインワンなんて 一生に一回もない人も多いだろう。となると、 もうちょっと軽くして バーディの場合も 使ってもアッラーの神は許してくれるだろう。



あるいは パー3 のショートホールで 前方の池にドボンせずに 一打目がグリーンオンした場合でも 私の場合には アルハムドリラー と言いたい気分だ。




以上