gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

外国人無法運転者は国外追放に (JPJが移民局に提案)



Foreigners Who Often Break Traffic Rules in Malaysia May Be Deported - WORLD OF BUZZ



http://www.worldofbuzz.com/foreigners-often-break-traffic-rules-malaysia-may-deported/




According to The Star, the Road Transport Department (JPJ) has submitted a proposal to the Immigration Department to deport foreigners who constantly flout traffic rules in Malaysia.


マレーシアで車を所有すると、 日本と違い車検制度はないが、道路税を毎年納付しその納付済みのスティッカーを前方窓ガラスに貼らないといけない。


この道路税の納付は JPJ と呼ばれるお役所の窓口で行う。


このほか 車両の登録なども JPJで行うが、更には 運転免許の交付手続きもJPJの担当だ。


だから JPJというのは 日本の陸運局に相当するだけでなく 日本で警察が行うように自動車運転免許も担当なので、「陸運局プラス交通警察 」と言う複合機能のお役所なのだろう。


そのJPJが 外国人で無法運転を繰り返す常習違反者には 移民局に対して国外退去措置を取るようにする 連携するという方向で検討が進んでいる。



この記事を読んで 実は いささか心配になった。 というのは 私はこれまでに何度も駐車違反で JPJも入っているUTC総合庁舎に支払いに行っているからだ。


毎回 罰金支払いの都度、UTCの総合受付で 罰金通知を見せて「どこの窓口?」 って聞いて、そこに行って順番待ちの札をとって のんびりと椅子に座って待つ。 そして 表示板に自分の番号が出たら 支払ってくるだけのことだったので あまり気にしていなかったが、多分 JPJが担当窓口だったのだろう。


駐車違反を繰り返す常習違反のMM2H と言う事で 国外退去命令を出されちゃ大変な事になる と 一瞬緊張したが、記事を良く読んだら、ターゲットは シンガポーリアンだ。


“A lot of Singaporeans would be in trouble if this proposal is implemented. They drive like maniacs on highways in Johor and simply have no respect for traffic rules in our country,” a netizen said.



そう言えば そうなんだ。


E1高速を走っている時、時折 後ろから猛速度で走って来る車がバックミラーに映る事がある。そういう時は 私はすぐに左車線に移動して どうぞお先に と車線を譲る。


すると ポルシェとか BMW とかの高級車が 御礼も言わずに スイッと 私の車を追い越していくのだ。



シンガポーリアンの大金持ちのバカ息子なんだろう。


そうか、バカ息子への国外退去命令なら ウエルカムだ。



以上 (2/18 記)