gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

ランカウイ ( どこへも行かずに ホテルに引きこもり )






ランカウイ空港では 予め ホテルの送迎サービスを頼んであったので 気楽なもんだ。


ウーバーかグラブを使えば 随分と安く済むのだろうが、たまにはお出迎えサービスも良いかなぁと思って、往復サービス料金(100RM)奮発だ。


ペナン空港からランカウイ空港までは エアアジアを利用したのだが、満席だった。


飛行機は離陸後、上昇したな と思うまもなく下降体制に入った。


ランカウイ空港は小さなローカル飛行機場だが それでも国際空港なのだ。



ホテルの制服をきたスタッフが 空港で出迎えてくれる と案内eメールに書いてあったので、到着ロビーに向かうと それらしき制服スタッフがいた。


ニッコリと目線を送ると ニッコリと微笑み返してくれた。



駐車場の車に向かおうとするとスタッフが 「 空港で何か買い物は必要か」 と聞くので 缶ビールを 数缶 買うことにした。


ランカウイは島全体が免税地域なので べつに 空港の免税店でなくても どこでも免税で購入できるのだが、一旦ホテルに入ってしまうと外に出かけないだろうと思い 空港のリカーショップで買うことにした。



ビールは ハイネケンしかない と言うので ノーチョイスだ。 1缶5RMだ。


ビールを買った後、駐車場に向かう途中で ホテルの制服スタッフに聞いてみた、「缶ビールだけどね、市内の普通のリカーショップで買うといくらなの。」



制服スタッフいわく、「私はモスリムなので お酒は飲まないんだ、だから ビールの値段なんて 知らないんだ」、 あーそうなんだ、イポーと異なり ランカウイは華人系は少なく マレー系が多数派なんだ。



ホテルは 5スターにしたせいか、圧倒的に欧米人の客が多い。


しかも ここは 静寂なビーチのあるホテルで ペナンで泊まった時の5スターホテルと比べても tranquil そのものだ。




結局 ホテルのビーチサイドプールのパラセルの下で 長椅子に寝そべり 海の景色をぼんやりと眺めているだけで、まだ プールで泳いでもいない。



そろそろチェックアウトの日なので 一度くらいは プールか、海で泳いでみようかなぁ、せっかく 水着を持ってきたんだから。




それとも ずっと ホテルに引きこもり だけ というのも なんだか 申し訳ないようにも思うので、有名なランカウイのロープウェイにでも乗ってみようかなぁ とも一瞬思ったが、やはり やめた。



ロープウェイの代わりに、昨日は ホテルのビーチから出るサンセットクルーズにした。


午後6時から2時間のクルーズで貸切かと思ったが 英国人夫婦と一緒だった。



クルーズ船上で 空港で買った缶ビールを飲もうと ビールを冷やして保冷バッグで持ち込んだのだが、夕日が洋上に沈むまでの時間 熱帯魚やクラゲの観察で忙しく ビールどころじゃなかた。



そして クライマックスのサンセット風景は 小さなクルーズ船(小型ボート)は揺れが大きく やはりビールどころじゃない。



結局 下船してから プールサイドの長椅子で 持参して缶ビールを飲んだ。


なお クルーズ船の小型ボートから海の浅瀬に降りる時 英国人夫妻の旦那(アンドリュー)の方が うまく飛び降りできなかったのか、転倒してしまった。


幸い怪我はなかったが、ガイドの言う通りに お尻を船上に下ろして 足から浅瀬にゆっくりと座りながら下船しなかったようだ。



私も ビールを飲んでいなくて良かった、さもなくば 船酔いとビール酔いで フラフラに 酔っ払って ガイドの言うことをよく聞かないまま えいっと飛び降りて、 アンドリューの二の舞になっていたかもしれない。



以上 (3/14 記)