gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

火災保険 4 ( 実に複雑、不在期間超過免責条項は 盗難被害について だけ )




保険会社のマネージャーから 返事がきた。



:::::::::::



The additional premium is for the Theft Coverage on contents in case the Private Dwelling is unoccupied for more than 90 days


As for Building, the Private Dwelling Unoccupied for more than 90 days is not applicable.



::::::::::::



一体 どういう意味なのだろう?


下段のセンテンスは、特約条項を入れてもらって 追加保険料を支払っても、建物ダメージには適用されない と読める。


しかし 上段のセンテンスには 家屋に泥棒が入って家財や貴重品を盗んでいった場合の損害に関して 不在期間超過の場合は保険金を支払いはしない 、(ただし 特約をつければ 支払う) というように読める。




さっぱり 訳が分からないので、直接電話で確認することにした。



すると マネージャーに電話が繋がり 詳しく聞けた。



要するに 火事や落雷で建物や室内備品が損傷を受けても、不在期間の日数に関わらず 保険カバーされる というのだ。


不在期間超過免責条項は 盗難被害の場合にだけ適用される というのだ。



えーっ! そんな記載は 説明書のどこにもなかった。



追加保険料を支払う前に メールで私の状況を説明したつもりだったのだが、私のほうの説明不足だったのか、あるいは 保険会社側のスタッフ/マネージャーの知識不足だったのか、とにかく 追加保険料をクレジットカードで支払済みだ。



マネージャーに電話で 「 盗難被害はカバーされなくて良いので、追加保険料(Endorsement Request )はキャンセルして欲しい、支払い済みの追加保険料は返金して欲しい 」と伝えた。



「あー 分かりました。 クレジットカードでの返金処理をするようにしますが、メールでも キャンセル依頼の旨を送信してください、 」と言う。



仕方ないので マネージャーからこれこれの説明を受けたのでキャンセルしたい という英作文をして

送信した。



なにぶんにも 保険証券はまだ未発行で、一般的説明書にも 何も書かれておらず 、マネージャーからの口頭説明だけなので、あとで何かあった時の証拠になるように マネージャーからの説明内容を文章で保険会社側にも送っておくという自衛手段が必要なのだ。


面倒くさかったが 仕方ない。


Dear XXX


Thank you for explaining me over the phone about the detail of additional premium.


As I will not leave any valuables in my townhouse in Ipoh during my absence, also taking account into very rigid security services onto my townhouse, I don’t worry about any theft damage, therefore, I do not need any extra cover for the “unoccupied more than 90 days theft damages”.


According to your explanation, I understand that damages onto building/contents due to fire/thunder etc (other than theft) will be covered without any additional premium even if my absence (unoccupied days) exceeds 90 days, so I want to cancel the request of endorsement.


Please arrange to refund me the amount for additional premium which I paid by credit card (RM XXX) today.




この経緯を 同様に火災保険契約で混乱中の近所のアメリカ人に伝えた。


彼女の方は 保険会社数社に電話して聞いたらしく、各社ごとに テンデバラバラの回答を言われた と呆れていた。


びっくりなのは 同じ保険会社( Maybank系)でさへも 3部署からは、 バラバラの説明を受けた とも言っていた。


アメリカじゃ 考えられない とこぼしていた。


まぁ その気持ち 分かるけど、 ここはマレーシアなので アメリカや日本のような プロフェッショナリズムを期待しちゃ ストレスが溜まってしまう。




(ご注意)


90日間超(累積)で不在にすると 火災損害がカバーされない と説明している保険会社もあるし、追加保険料を払って特約条項を付けることはできないという説明をする保険会社もある (アメリカ人夫妻の話) ので、一体 どの情報が正確なのか、各保険会社毎に約款の内容が異なっている可能性もある。 上記に書いた 保険会社の場合には 盗難被害だけが免責になる という説明が 本当に正しい情報なのか は ご関心のある方は 各自で直接 保険会社に確認ください。




以上 (3/27記)