gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

華人/中国人 の 日本観光ブーム (増える個人旅行型)



イポーの華人の友人が 日本に旅行に来た。




そこで 富士山の五合目まで車で案内した。


五合目の駐車場には 大型バスがズラリと並んでいて、 売店やレストランの入っている建物の中も 展望デッキも どこもかしこも 中国人だらけだった。




セルフィスティックを車中に置いてきたので、近くにいた東洋系のお姉さんに 私達の写真を撮ってもらおうと声をかけた。


一瞬 日本人かな とも思ったのだが、多分 確率的には 中国人だろう と思い 英語で声をかけた。


「Excuse me 私達の写真を このスマホで撮ってもらえますか?」と聞いたところ、即座に 英語で 「Sure!」と返事が来た。


私は 御礼に「謝謝」とご挨拶をしておいた。




五合目の売店には デューティーフリー の看板もかかっていた。



中国人と言っても 一体どこから来た中国人観光客なのか、見分けがつかない。




台湾、香港、上海、シンガポール、マレーシア。 とにかく これらの国にいる中国人にとって、日本は人気の観光国のようで、嬉しいことだ。



華人友人が言っていた。


以前は 日本観光というと 団体旅行でやってきて 爆買いして さっと引き上げる方式が多かったが、最近は 特に若い世代は 個人旅行方式を好む という。


しかも 東京などの大都市だけじゃなくて、地方も日程に組み込む という。


オールパッケージツアーじゃなくて、個人旅行でやってきて、 現地オプショナルツアーを組み合わせる方式なのだろう。






2週間前にも キャメロン高原の友人の息子夫婦(若い華人)が 日本観光にやってきた。


日本到着便は関西空港着 で、大阪地区を観光した後、北陸地方を色々と周り、東京に移動し、2日ほど 東京見物をして、羽田空港からマレーシアに戻る という旅程だ。


池袋駅前の滞在ホテルに行き、ピックアップして 寿司屋に案内したのだが、そのホテルも 外人客が多いようで、受け付けのスタッフは 日本人じゃなかった。


中国語で 宿泊客のチェックイン案内をしていたので 受け付けも客も 日本人ではないことが すぐにわかるのだ。



若い世代の多くの中国人/華人 にとって、もはや 反日感情というものはないのだろうが、そうは言っても、その国の政権やマスメディア次第で いつどうなるかわからないところがある というのが 国際関係の難しいところだ。



私も 知り合いの華人が日本に観光に来た時は せいぜい頑張って 東京見物のご案内をさせていただき、国際親善の一助になるよう努力しよう。




::::::::::::


(参考記事)


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-9930.php


日本へマレーシア人観光客が殺到する舞台裏 リピーター増加で地方にもチャンス到来


::::::::::::




以上 (5/18記)