gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

番外編: ピッツバーグ空港 国内線搭乗 保安検査官にあそこ付近を厳重チェックされた



米国の空港で 搭乗ゲートエリアに入る前のセキュリティーチェックがやけに厳重だ。


先日はLA空港で 何度も探知機をくぐる繰り返しをさせられた経験から、昨日のピッツバーグ空港でのセキュリティーチェックでは ポケットは完全に空にして 靴も脱ぎ、ベルトも外して 探知機をくぐった。



ところが 何故か 探知機でのX線検査に 私のあそこ付近に 変な四角形の影が写っているではないか。


保安検査官が その変な影を示して、身体検査をする と言い出した。



やめて欲しいです、 とお断りできるはずもないので 承知した。


両脚、太もも、と 検査官の手が伸びてきて、とうとう あそこにも手が触れた。


もちろん ギュッと じゃなくて、軽く 「ぶら下がり物」の一部に触れる程度だったが、いやはや ここまでの触診検査を受けたのは初めてだ。



更に 手の平 の皮膚を検査用のスティックでこする検査が続いた。


一体何なのだろう と思って見ていたら、そのスティックの先端を 何かの機器に入れてチェックしている。


麻薬の粉のチェックだろうか。




厳重な身体チェックの結果、なんらの問題なし として 保安検査セクションを無事 通過できたが、とにかく 米国での空港のセキュリティーチェックは厳重なのだ。



以上 (6/18 記)