gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

「病気 / 怪我」の保険請求 2 (保険契約の見直し/解約 )



マレーシア滞在中の約3年前、ゴルフ場のバンカーで レイキを握ったら、棘が手の指に刺さった。


棘なので 大したことないだろうと思って、ほかっておいた。


痛みがひかないままで、数日したら 指が腫れ上がってきた。


木の棘だったので 破傷風の心配はないだろう と思ったが、やはり心配になって イポーのKPJ病院へ行った。



思いのほか 深く刺さっており 局部麻酔の手術になった上に、たかが棘のため 3日間も入院になってしまった。



でも まだ 良かった、破傷風でなくて。


その後 日本に帰国した時に 破傷風の予防接種も受けた。



また その後 このゴルフ場では バンカーのレイキ(砂ならし)の柄は 木製棒でなく プラスチック棒に変わった。






この約3年近く前の 棘抜き入院事件 のことは 再発防止策 として 「破傷風予防接種 + レイキプラスチック棒」を講じ、また クレジットカード付帯保険により手術費/入院費もカバーできたことから 過去の出来事になっていた。




ところが 最近 県民共済のパンフレットを見ていたら、病気入院は5日以上の入院が必要という但し書きがあるのだが、不慮の事故での入院は、そういう但し書きはないので1 日目からの入院も保険請求ができるのじゃないか、 と気づいた。



県民共済に電話して 聞いてみた。



棘抜き手術は 病気医療ではなくて事故医療に該当する という回答だった。


だから 入院1日目から 入院給付金が出るという。


1日あたり5000円 なので 3日間入院で 15000円 、 でも手術給付金は出ない という。


私の加入しているコースでは 入院給付金は出るが 通院給付金や手術給付金は出ない という説明だ。



これまで 数十年間 ずっと 県民共済に掛け金を払い込んできたが、今回が初めての保険給付金の請求だ。しかも 僅か 15000円の給付金。



なんだか 阿呆らしくなって 県民共済の保険内容を見直してみた。



「エース3000」 と 追加特約の「プラス500 」が 私の加入しているコースだ。


検討の結果 「エース3000」は もうしばらく継続することにしたが 「プラス500 」は解約することにした。



これで 毎月の掛け金が 4720円 減少になる。



保険契約というものは 年齢が上がれば上がるほど 入院費用などの給付レベルはどんどんと乏しいものに置き換わるし、また 死亡や高度障害の給付金もある程度の高齢になれば 子供も独立しているので、自分が死んだ後の子供の生計コストや教育コストを心配する費用がなくなる。


だから 5年ごとに 保険内容の見直し をして 不要な保険は 解約をすることが得策だ。




以上