gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

LGBT の取り扱い : 日本とマレーシアの相違 ( マレーシアでは 棒叩きの刑 )



最近 日本でも 同性愛者などLGBTに関する取り組み (というか 取り扱い というか ) がマスメディア記事によく登場している。


おそらく 欧米での動向に連動しているのだろうが、マレーシアでは 同性愛など というものは とんでもない異常行為であり、 もっての外 ということで 刑罰の対象になっている。




http://says.com/my/news/terengganu-women-sentenced-to-caning-for-attempting-to-have-car-sex



トレンガヌで レズビアンの女性2人が カーセックスをした容疑で逮捕され、判決では 6回の棒叩きの刑および罰金となった。



記事には こんな事が書いてある。


China Press reported that the women will get a four-month jail sentence if they fail to pay the fine. Meanwhile, the caning will be carried out on 28 August. (罰金を払えないと 4カ月の牢屋行きになるが、棒叩きの刑はいずれにせよ8月28日に執行される。)



New Straits Times reported Khasmizan as saying that if the sentence was carried out, the women would be the first ones in the state to be caned for breaking the Syariah law. ( Syariah law 違反の罪状で棒叩きの刑 )



シャリア法(Syariah Law) って ムスリムに適用されるイスラム法で ローマ法を起源としないイスラム世界独自のものだ。



この点、 日本は なんと寛容なことだろうか。


::::::::::::


https://www.asahi.com/articles/ASL8H643ML8HUTFK00F.html


ロバート・キャンベルさん同性婚公表 杉田氏寄稿を批判


::::::::::::




以上 (8/15 記)