gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

空飛ぶロティチャナイ ( インド料理? マレー料理?)



イポーは華人が多く住むので 中華レストランが多い。


住まいを キャメロンハイランドからイポーに変えた当初は 中華料理が美味しく 頻繁に食べに出かけた。



しかし 最近は どうもダメなのだ、中華は 油っこく過ぎて、体調が悪くなる。



その点 タイ料理は 油っこくないので ブンコス(take away, take out)をよくする。


しかし うっかり注文すると とても辛いことがあるので 注意が肝心だ。




タイ料理のほかには、インド料理もなかなか良い。


ロティチャナイと チャパティ の区別が まだ 良く分からないのだが、ロティチャナイの方が油を使って焼いたお好み焼きで、チャパティのほうが 油を使わないで焼いたお好み焼き に相当するのだろう と勝手に解釈している。


インド料理には ナン もあるが イポーのインド料理店では ナンはなかなか見かけない。



ナンは 北インド料理で、チャパティ/ロティチャナイは南インド料理 というなのだろうか。

イポーのインド人は南インド出身が多いと聞いているせいか、ナンにはなかなか巡り会えないのだ。



ロティチャナイとチャパティが お好み焼き系だとすると ナンは イタリアンピザ系 とでも言えば 良いかも。



さて 動画に 空飛ぶロティチャナイ というのがあった。




指をくるくる回して生地を広げてから 鉄板の上で 焼くのだが くるくる回す際に パフォーマンスで フリスビーのように空中に飛ばすのだ。


ところが そのフリスビーになったロティチャナイが 近くに座っていた女性の頭に スッポリと乗っかってしまったのだ。


Watch How A 'Roti Canai Terbang' Dough Flew Out And Landed On A Woman's Head


http://says.com/my/fun/watch-how-a-roti-canai-terbang-dough-flew-out-and-landed-on-a-woman-s-head-in-kedah




しかし この動画を見ていて 私は混乱してしまった。


なぜか というと この動画に登場しているのは インド人ではなくて マレー人のようだからだ。


ロティチャナイというのは インド料理だと思うのだが、私の勘違いだろうか。


そう言えば クアラカンサのリバークルーズ乗り場の前でも ロティチャナイを売っていたので 買ったことがある。


売っていたのは インド人ではなくて マレー人だった。



ネットで ナン と ロティチャナイ と チャパティの違いを調べてみた。


1) チャパティとロティの違いは、ロティは伸ばしてからたたんでまた伸ばしてということをして生地が何層もになるようにしてから焼いたものであり、他方 チャパティのほうは 薄く伸ばして焼くだけ 。



2) ナンとチャパティの違いは…


ナンは醗酵させるが、チャパティは醗酵させない。

ナンはタンドールという特別な釜で焼くが、チャパティは鉄板で焼く。フライパンでも焼ける。

チャパティは直径20cm程度の円形でナンよりずっと薄い。





と書いてあった。



でも インド料理なのか マレー料理なのか、さっぱりわからないのだ。



以上