gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

マハティールからマレー系へのメッセージ ( 恥と誇りと ハラキリ)




華人の友人が こんなことを言っていた。


ナジブ 政権 からマハティール政権に 変更になって


1) 中華系の多数は多いに喜んでいる、


2) でもマレー系では ナジブ 時代のほうが良かった と感じ始めている人が多い、


3) インド系は 年寄り世代はともかく として 若い世代は ナジブよりマハティールを歓迎している。




マレー系の多数派が 何故 ナジブ のほうを好む のか、 というと ナジブ 政権のお金バラマキ政策がありがたかった ということらしい。



一生懸命 汗水流して働かなくても あくせく努力しなくても 政府の方から低所得者向け対象の給付金支給がなされるので、マレー系の多くは それに慣れてしまって お金バラマキ政策に すっかりspoilされてきたのだ という。



そう言えば キャメロンハイランドのような田舎でも 総選挙のたびに オランアスリ に金をバラマいて 投票に行かせることが恒例化している と聞いたことがある。



働かず とも 手っ取り早く お金を手にしたい、楽して儲けたい (と言っても 大儲けじゃなくて そこそこの儲けで満足 というのがマレー系の特徴だが、) 、という精神構造が マレー系をダメにしている。


これじゃ いつまで経っても華人系に経済的優位を握られたままだ 、 と見抜いているマハティールは なんとか それを改善したい。


マハティールは マレー系を鼓舞すべく 色々な新規政策を打ち出して来ているのだが、マレー系の多数は それを歓迎していない というのが 現状のところなのだ。




政府関連の支援事業や起業促進政策で 政府との間での契約や許可証を取れても マレー系の人々は その契約の権利や許可証を 華人系に 売ってしまって 手っ取り早く 多少の金を手に入れただけで満足してしまう。


ビジネス機会をせっかく政府が用意しても マレー系は その機会権利を 華人系に売り渡してしまい 自ら、ビジネス努力する姿勢がない。


マレー系は せいぜい 公務員などの職について収入を得る としても これじゃ 華人系のようなビジネス成功者は いつまで経っても 増えて来ない。


だから マレー系からは 結局 いつまで経っても 都市部での経済活動の中心から弾き出され、 華人系中心のマレー経済になる。



マハティールの言いたいメッセージは 「 マレー系よ、誇りを持て! 日本人が努力して働き 今日の豊かな日本になったことを見習え!」 ということだ。


誇り を持て の意味合いには 汚職/腐敗のほか にも お金おねだり精神 も もっての外 、恥を知れ、 ということが含まれているのだ。



マハティールの最近の発言に 「 日本にはハラキリがある、恥を知った場合 誇り高い侍は ハラを切る。 マレー人にハラキリをせよ とまでは言わないが 恥というものを感じよ!」 と 汚職腐敗撲滅を政府公務員向けに訴えた。



ナジブ政権時代に蔓延してしまった汚職腐敗の体質改善は 容易なことでは 達成できない。






BR1M を廃止/削減 する というとマレー系の反発は強まるので、給付金の支給にあたっては 適切な査定を加える という言い方にしているのだが、言い換えれば これまでの支給は バラマキ支給だったが これからは そうはいきませんよ、 ということなのだ。


Government will make proper assessment on BR1M | New Straits Times | Malaysia General Business Sports and Lifestyle News



https://www.nst.com.my/news/government-public-policy/2018/08/405264/government-will-make-proper-assessment-br1m




それに、機会権利(契約権利や許可証)を第3者に売り渡した場合には もはや政府(関連機関)との当該契約や許可証は無効とする という点も明確に発表された。


AP, contracts sold to third parties will be cancelled - PM


https://www.nst.com.my/news/nation/2018/09/407088/ap-contracts-sold-third-parties-will-be-cancelled-pm





マハティールの政策方針は マレー系のため に打ち出されているのだが (長期的視野を持たない) マレー系からは歓迎されず 、( 腐敗/汚職構造下での搾取される側であった) 華人系から歓迎されている というのは 皮肉なものだ。



以上 (9/1 記)