gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

キャメロンハイランドでの食事 ( スモークハウスのビーブパイと CHリゾートホテルのスチームボート )





http://blog.malaysia-asia.my/2009/10/cameron-highlands-smokehouse-hotel-and.html


Cameron Highlands Smokehouse Hotel and Restaurant



キャメロンハイランドで食事をするのは どこがお勧めか というと、それは お値段次第だ。


お安い店で それなりに美味い食事をしたい というご希望に対しては、クマール(通称クマ)のシーフードクレイポット とか メイフラワー(五月花)の 海藻スープをお勧めしたい。


スチームボートは ブリンチャン入り口近くの チチワングサホテルの地階のレストランが新鮮野菜でお勧めだが、マレー系(ハラルレストラン)なので ビールが飲めないところが辛い。



他にも ブリンチャンの 「OK徳」 とか 「ユーフォ(UFOではない)」 が 美味くて 値段も まぁまぁ リーズナブルだ。




他方 「お値段が高くても 良いので雰囲気の良いレストランを!! 」 というご希望に対しては、スモークハウスホテルのレストランとか キャメロンハイランドリゾートホテルのレストランがマッチするだろう。



今回の一泊二日のキャメロン旅行では VIPご一名様のご案内だったことから 気合いを入れて ランチは スモークハウスで 、ディナーはキャメロンハイランドリゾートホテルで 、というコースにした。



スモークハウスには キャメロンに住んでいた頃 ハイティーに来たことはあるが、ランチもディナーにも来たことはなかった ので お味のレベルは未知だった。


しかし 雰囲気の良いことは 疑いないので ランチを ここでとることにした。


地元の華人の友人に頼んで スモークハウスレストランに予約席をとっておいてもらったところ、レストランのレセプションで 日本語でのご挨拶を受けた。


合計 7人のテーブル席で VIP 様を囲んで 優雅なランチタイムを過ごしたのだが 私の注文したビーフパイ(注)は 大変に美味で とても満足できた のではある。 だが、ボリュームがあって 、これなら一人前を頼んで 2人でシェアすればよかったなぁ と若干の後悔が残った。


(注) 「ステーキ&マッシュルームパイ 」に 「スマッシュポテト 」をサイドオーダーした。



VIP様も 私と同じ ビーフパイをご注文になったが ボリュームにギブアップし、半分ほど お残しになった。


それを見た私としては 「とても美味しいので、残りをブンコス(持ち帰り)したらいかがでしょうか。」と VIP様によほどアドバイスしようかと思ったが、ディナーも 既にアレンジ済みだったので 、アドバイスは差し控えた。




スモークハウスレストランに関するブログがあったので、貼っておいたが、情報がちょっと古いようで レストランメニューの値段も以前のもののようだ。


今回は 7名で ビール4本(乾杯用に小瓶ビール)を含めての ランチ代は 約700RMだったので 一人当たり100RMだ。


食事だけで満腹になったため デザートは抜き にした。


次回は、食事としては もっと軽めのメニューを選び 食後のデザートとお茶を 庭園のテーブルで 咲き乱れる花々を愛でながら いただく というコースにしよう。




ディナーは キャメロンハイランド(CH)リゾートホテルのレストランで スチームボートを頂いた。


なぜ スチームボートかと言うと このCHリゾートホテルの宿泊客には コンプリメンタリーディナーとして スチームボートがついてくるからだ。


そして 宿泊客以外は 正規料金を支払って スチームボートを宿泊客と一緒に食べることになるのだが、そのお値段は 肉セットで1人75RM、シーフードセットで100RM以上 もする。



ランチのビーフパイが 夕食タイムになっても まだ未消化で、 結局 スチームボートも 完食出来ずに 残してしまった。




以上 (9/7 記)