gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

棒叩きの刑 ( レズビアンの若い女性2名への刑執行を巡って 議論沸騰 )



4 Things You Should Know About Syariah Caning In Malaysia



https://says.com/my/news/things-you-should-know-about-public-caning-in-malaysia




レズビアンの若い女性2人に棒叩きの刑が執行された件で マレーシアでは論議を呼んでいる。




::::::::::::


(参考) 9/6のブログ記事 (再掲)



http://gary1212.muragon.com/entry/527.html


https://muragon.com/dashboard/entry/preview-mobile.html


LGBT の取り扱い 2 ( レズビアンの若い女性2名に 「棒叩き」の刑 執行 )

2018/09/06 16:11


::::::::::::





シャリア棒叩きの刑とは ムスリムに適用されるシャリア法の刑罰のひとつだが、マレーシアにおける棒叩き刑(judicial caning)には 3種類の区分がある と解説されている。



要点をまとめると次の通りだ。


::::::::::::


Malaysia has three distinct kinds of judicial caning:


1. Criminal CP for male adults is by far the most common type of JCP. It is performed privately in prison as part of a court sentence, with a long, heavy rattan cane administered to the bare posterior.

成年男子への執行刑、尻を 重い籐の棒で ぶち叩く。刑務所の中で執行される。


Severe corporal punishment by order of the courts, for adult males only (and confined until recently to those aged under 50), is routine for many serious offences, notably those involving sex, violence or drugs. This is always combined with a prison sentence, and takes the form of a specified number of powerful strokes with a big rattan cane, or rotan, across the offender's bare seat. Officially this is called "whipping" (from former British legal terminology), though a whip is not used


通常は 懲役刑に加えて 棒叩き刑も執行される。性犯罪、 暴力行為、麻薬 関連犯罪など 重犯罪を犯した者に この棒叩き刑は執行される。公式には 英語では 鞭打ち刑 と呼ばれるが 英国法の用語を援用しているためであり、実際には 鞭は使用しない。





2. Male young offenders (under 21) may be ordered to be caned right there in the courtroom, up to 10 strokes, in the presence of their parents, officials, journalists and other offenders. The punishment is delivered across the seat of the bending youth's trousers with a metre-long light rattan.

未成年男子(21歳以下)への執行刑。 裁判所で執行され 最大数でも10回の叩き回数以内まで。親、役人、ジャーナリスト などの立会い下で執行される。1メートルの軽い籐の棒で叩く。



3. Religious ("Syariah") courts in some states have the power to order light, symbolic canings for Muslims only, both men and women, for "moral offences" such as adultery or drinking alcohol. In practice this has been rare. The punishment is administered privately in prison, over clothes. It is the only kind of CP to which females are subject in Malaysia.

シャリア法廷(イスラム宗教法廷)において いくつかの州で宣告できる刑罰で、ムスリム男女を対象にした軽めのシンボリックな意味合いでの執行刑。例えば アルコールを飲酒したなどの宗教的規範違反に対するモラール刑であり 実際に執行される事例は少ない。刑務所内で非公開で執行され、衣服の上から叩く。なお、マレーシアにおいては、女性を対象として執行される肉体苦痛としての処罰刑は この棒叩きの刑のみ。



::::::::::::



問題は 今回のレズビアンの若い女性2人へ執行されたシャリア法(宗教法)違反としての棒叩きの刑が適切であったか という点だ。




(3) In certain of Malaysia's states, there are occasionally mild caning sentences ordered by the separate religious courts (for Muslims only) under Syariah (also spelled Sharia or Shariah) law for things like alcohol consumption. These are much less severe, and intended to be more or less a token gesture. Even so, when reported in the newspapers they have produced an outcry, as in this June 2005 case.


いくらモラル違反を戒めることを目的としたシンボル的な(形の上での刑であり) 軽めの棒叩きと言っても 2005年6月のケースでは 痛さに泣き叫んだ という新聞記事も出ている。



In January 2009 it was confirmed that these "light canings" may also be applied to women, another stark difference from the usual judicial canings. However, sentences on women are highly controversial, partly because they appear to contravene the Federal constitution. The first such sentences were carried out in February 2010 when three women (as well as some men) were caned at Kajang Prison for taking part in extra-marital sex. This video clip includes a brief view of the punishment of one of the women. It shows that the "caning", despite the immense international fuss about it, in fact amounts to only very light taps on the middle of the back, causing no pain.



それに 連邦法では女性への棒叩き刑は執行しない と規定されているところから 今回のレズビアン女性への棒叩き刑執行の是非が大きな論争になっている。



A July 2009 news report claimed that the Shariah caning of women was permitted in only three of Malaysia's 16 states: Pahang, Perlis and Kelantan. This, it now turns out, must have been incorrect, since the three women caned in February 2010 were sentenced in Federal Territory (which is mainly Kuala Lumpur).


マレーシアの16州のうち パハン州、ペルリス州、ケランタン州 の3州だけが シャリア法による棒叩き刑を女性にも執行することを容認しているとこれまで(2009年7月まで) は報じられてきた。しかし 2010年2月に 連邦政府管轄州でも女性へのシャリア法棒叩き刑が宣告されるに及んで、宗教色の強い特定の3州だけでの特別刑ということではなくなった。


The state of Kelantan in the conservative north of Malaysia, long controlled by the Islamic party PAS which is in opposition at federal level, wishes to extend the use of Shariah law, according to this April 2015 report. This could involve canings of up to 100 strokes for drinkers and adulterers, rather than the six-stroke maximum that currently applies to sentences by the religious courts. A Bill to this effect was passed by the Kelantan legislative assembly in July 2017 and was awaiting approval by the Sultan. The Bill also envisages carrying out the punishment in public, a new departure for Malaysia.


Public Shariah whipping could be extended to other states of the Federation, according to a Sep 2017 report.


ケランタン州では シャリア法棒叩きの刑の拡大を目指し、アルコール飲酒や不倫などには 棒叩き回数を( 現行法での最大6回から) 最大100回まで叩く上に 執行を公開制度にする 法案も提出され 2017年7月には立法府を通過し、あとはスルタンの承認を待つ段階にある 。



::::::::::::



うーん、、、、。




以上 (9/19 記)