gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

TM Unifi ベーシックへの切り替え (149RM が 79RMへ、 サスペンションの要素も考慮必要)

私が現在利用している TM Unifi の既存契約では Wifi のほか インターネットTV と 固定電話 定額料金 サービスも抱き合わせでついて来ている。


料金明細を見ると インターネットTVと固定電話 定額料金の合計で 月50RM となっており、それに wifi 料金が 月 99RM で 総計 149RMだ。


観ることのないインターネットTV と 日本帰国中は利用することのない固定電話 の料金で 毎月50RMも上乗せになったパッケージ料金というのは 私にとって とても不経済だ。



なんとか インターネットTVはなしにして Wifiサービスと 固定電話の利用回数比例料金サービスに変更したいのだが、TM Unifi Basic という名前の 新パッケージでも 抱き合わせセット提供になっているようだ。



それでも Basic プラン なら 料金はグッと下がり、 月額79RM になる。


問題は Wifi速度が 公称 30Mbps にダウンすることだ。


現在 契約中のWifi速度は 公称100Mbps なので これを契約変更して 30Mbpsにしたら 相当な不便を感じるのじゃないだろうかと 心配だ。



でも よく考えたら 契約当初のWifi速度は 確か 10Mbps前後だった。 それが いつの間にか TMの無料アップグレードサービスで 100Mbpsになり 他方 料金は据え置きだった。


当初 10Mbpsで申し込んだ時 実際には その程度で充分だ という話を聞いていたので、その後 有料で速度アップに切り替えの勧誘電話をもらう都度 丁重にお断りしていたら、いつのまにか 無料で 100Mbpsまで アップグレードしていただけた。



業務として Wifiを使って 大量のデータを ダウンロードしたり アップロードするのじゃない限り おそらく 30Mbps で 個人利用目的としては 問題ない のだろう。



更に 私は ほとんどの場合 VPNを繋ぎっぱなしにしている。


VPN経由の場合 Mbpsは 実際の通信時においては 小さく制限されるという話を聞いた。



つまり 100Mbps の契約をしていても 30Mbps の契約をしていても VPN接続時での 回線速度は もっと小さいMbps になっているので わざわざ100Mbpsにこだわる必要はない ということ か、と 理解した。




VPN の接続画面を見てみた。



43 KB/sと表示されていた。 つまり 43 Kbps ということなのだろう。



ならば 100Mbpsの現契約を 30Mbps の低額パッケージ(ベーシックプラン)に変更しても 全く支障はないはずだ、( と思うのだ、 というか 思いたい のだ )。




では 直ぐに 低額パッケージに切り替えをするべきか というと サスペンション申請の点も考慮に入れる必要かある。


というのは 切り替えによって 多分 新たな 2年縛り がスタートになるのだろう 、という点だ。


日本帰国中のサスペンション(年間 最長3ヶ月) 申請も 低額パッケージに変更後 2年経過しないと 申し込みできない という取り扱いになるのだろう ということを考慮に入れる必要があるのだ。



::::::::::::




https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/10/07/telcos-offering-cheaper-broadband-prices-after-implementation-of-msap/


Telcos offering cheaper broadband prices after implementation of MSAP





以上 (10/21 記)