gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

なぜ プッツン したのか ( ナジブ前首相 FBで釈明 )

Najib Explains Why He Lost His Cool And Walked Out Of The Al Jazeera's Interview


https://says.com/my/news/najib-explains-why-he-lost-his-cool-during-the-al-jazeera-s-interview



確かに なんら関与していないのに いつまでもしつこく 犯罪行為に関係していただろう と責め立てられると 誰だって 頭に来る。


その犯罪が ましてや 殺害行為 ともなると とんでもない言いがかりだと 気色張る のは やむを得ない。


これを英語で言うと ロスト His クール となる。


ロスト - コントロール とは言わないようだ。



日本でも 安倍首相が モリカケ問題で あまりのしつこい追求に 気色ばんだ ことがあった。



そのうち 「忖度」という用語まで 頻繁に登場するようになった。



請託 と 忖度 は まるで異なるのだが 、忖度されてしまうと 共同正犯 のような響きで あるいは請託があったかのようなニュアンスで マスコミが騒いでいた。




しかし 如何に相手が無礼千万であっても 一国のトップである、あるいは トップであった 人は 常に クールさ を保って 丁重に 応答するのが王道だった ということに ナジブ前首相も 気づいた ので 早速 FB で プッツンした時の心理/理由 を書いたわけだ。




インタビューワー は モンゴル女性通訳兼モデル殺害事件のドキュメンタリー報道で ナジブ政権下 において国外追放になった という怨みもあり、 こっちにはこっちの言い分もある が まずは そっちの言い分として 国外追放した理由を ハッキリと言ってくれ とばかり 殺害事件を執拗に取り上げようとする。



そこで ナジブは 堪らずに プッツンしてしまったわけだが、 まぁ その後のフォローアップとしてのFB上でのナジブ によるコメント掲載は ロスト His クール に対する批判を それなりに 軽減する効果があるように思う。





トランプも ツイッターにあれこれ書いては 世界中に物議を醸し出しているが、ツイッターとかFBが政治の世界でも 大きな発信力を持つ時代が こんなに早く やってくる とは 思わなかった。



でも ツイッターやFBでも あるいは このブログのようなSNSでも 素っ頓狂な読者が 訳のわからないコメントを書いてきて 始末に負えない状況になることだってある。



だから 私の このブログには コメント欄 を削除してある。




これは 精神衛生上 非常に良い。



以上 (10/29 記)