gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

番外編 : レンタカートラブル in Poland ( ポーランドでのレンタカーには要注意)

ポーランドでレンタカーを借りた。


返却した翌日に レンタカー会社からメールが届いた。


傷(scratches)があるので、デポジットから差し引くことになる という内容だ。


しかも 傷の修理代は 日本円換算で 15万円と記載されている。




そんな傷をつけた覚えはない、 レンタル開始以前からついていた傷だし、傷と言っても 微細な傷のようだ。


しかも 添付されていた傷部分の写真のひとつは 屋根の部分だ。


レンタル時、車両の屋根までチェックして 既存の傷があるかどうかまでは、普通はcheck しない。




そういえば、レンタル時 受付で 「保険のフルカバー」をしつこく勧められた。



レンタル料金には 基本保険が含まれているのだが 更に免責金額部分も保険でフルカバーするように しつこく勧められたのだ。


そのしつこい勧誘はお断りして、基本保険の付保条件のみにてレンタルしたのだが、なぜ そんなにしつこく勧めるのか その時は いささか疑念に思った。



その上、レンタル開始時に 清掃費として 約1万円程を 前払い徴収された。


ところが 鍵をもらって ワルシャワ空港のパーキングエリアに行き 無人対応なので 自分で レンタル車両の既存ダメージ箇所のチェック中に その車の外側の洗車が十分でなく 埃が何箇所かについているのに気づいた。


利用者からは 事前に清掃費を徴収しておきながら 洗車不十分の車両を貸し出すなんて それなんだか ひどいなぁ と思ったのだが、まぁ それほど気にせずに そのまま 空港からドライブを開始した。


そして9日間、安全運転で ワルシャワとクラクフを往復運転して、早朝に 無人パーキングに車両を返して 空港ビル内オフィスで鍵を返却した。







レンタカー会社に 英文で 「そんな傷を私のレンタル中につけた覚えはない」というメールを送っておいたが、なにぶん クレジットカードでデポジットを支払ってしまっているので、レンタカー会社の査定次第で デポジットが返金されない可能性は極めて高い。



レンタカー予約をした 「レンタカーCom」のサイトにも 以下の不満を記載して送っておいた。



:::::



1) レンタル開始時に受付で 追加で「 追加運転者料金と清掃費」として395PLN(12759円)を請求されクレジットカードで支払った。追加運転者料金は納得できるが、清掃費名目で1万円近くの請求は酷い。


2) 保険の免責部分もカバーするフルカバーを勧められたが 断ったらデポジットとして2500PLNを求められ クレジットカードで支払った。無事故、無傷なら返金されるという説明だった。

レンタル期間最終日 早朝に 車両を返却したが、翌日メールが届き 屋根と後部ハッチバックドアに スクラッチがあるとして 写真と 修理代金の内容が書かれていた。



Scratch on the rear lid (368,51 EUR)

*Scratch on the roof (628,11 EUR)

*Administration Fee (70 EUR)


合計すると 15万円近い。


写真に写っているスクラッチ箇所は レンタル時以前のもので 私がつけたものではないし、その上、写真でみる限り 極めて 微小なキズのようである。


3) レンタカー会社には 「私がつけた傷ではない ので New damage の査定は受け入れられない」旨の返信メールを送信した。現在 先方からのリアクション待ちだが、このレンタカー会社は 保険フルカバーにしない客には、以前からついている微細な傷を写真にとって修理代金として デポジットから差し引く営業方針ではないか。



::::::::::::



この後 どのような展開になるのか不明だが、私からの不満コメントが無視されて、デポジットが全額返金されない可能性がある。


まさか デポジット以上に 修理代全額を負担せよ というとんでもない要求は出てこないとは思うが、とにかく 実に些細な傷まで写真にとってNew Damageだと査定したメールを受け取って、 とても気分が悪いのだ。



確かに このレンタカー会社は ハーツレンタカーなど 大手有名レンタカー会社の料金と比較すると 安い料金だったのだが、こんな追加請求でデポジットが返金されないことになると ハーツレンタカーの料金と同程度になってしまう。


これじゃ 一種の広告詐欺だ。


このレンタカー会社は 日本で 「レンタカーCom 」という世界各国でのレンタカー予約ができるサイトに出ていた会社の一つであり、ワルシャワ空港ビル内にオフィスもある会社なので、変な会社じゃない とは思っていたのだが。



レンタカーCom からは 調査するという返信メールが来たのだが、レンタカー会社の方で 写真を盾に 新たな傷がついていた と主張されれば、どうしようもない。




一体 どうなることやら。


仮に デポジットが全額没収される結果となっても、 ハーツレンタカー料金(保険フルカバー)と同程度だし、とにかく事故なしでポーランド旅行をできたことで、自分自身を納得させることになるんだろうが、しかし 、それにしても 不愉快な思い出になってしまう。





以上 (6/16記)