gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

PosLaju 小包便 の値段




PosLaju に 小包を出しに行った。


米国への配達便だが、僅か80グラムの小口なのに 料金は 131RMもかかった。


中身の値段よりも高い配達料金になってしまった。




窓口で 何故 そんなに高いのか と聞いたら、「最低500グラムまでがミニマム料金で 131RMだから。」 という説明だった。


「もし もっと安い料金が希望なら 郵便局へ行け、でも2〜3週間くらい かかるぞ」とも言われた。


PosLaju なら1週間くらいだ というので やむを得なく 131RM支払った。




あとで気づいた、 中身は書類だ と言えば もっと安い料金になった可能性があるんじゃないかって。




同時にハガキも出そうと思って窓口で聞いたら、ダメと言われた。


米国へのハガキも国際郵便として PosLaju で取り扱っているとばかり思っていたが、「違う、PosLajuではハガキは取り扱っていないので 郵便局へ行け 」と言われた。



PosLaju も郵便局内の1セクションだとばかり 思っていたが どうやら違うようだ。




以上 (8/23 記)