gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

マレーシア SIM カード 1 ( 突然のMVNサービス廃止 、 こりゃぁ酷すぎる!!)


数日前から プロバイダーのポータルで自分のアカウントの残高チェックをしようとしたら 何度やってもオープンしない。


おかしいなと思い、昨日 メールで問い合わせたら こんな返事が来た。


Dear Customer,


Now we have some issue system ,our internal team still working on it to fix the issue, we will update you soon. Your patient much appreciated. We are sorry for the inconvenienced caused.



そうか そのうちに 回復するのだろう と安心した。



ところが 先ほど ポータルをチェックしたら とんでもない画面が出てきた。


なんと 突然のサービス廃止通知だ。 2019年1月17日から サービスストップすると書いてある。




廃止の理由だが 「Digi との間での回線契約が合意に達しないので、サービスをやめる ことになった 」となっている。


昨日 送られてきた返事の内容とは 全く違うじゃないか。





prepaid 残高は 約 300RM前後 ある。


日本帰国直前に 多目に リロードしておいたのだ。




同一電話番号を継続したいなら 他社 or 優先引継ぎプロバイダー(Tune Talk) への切り替え を選択せよ 、さもなくば prepaid残高の返金を選択をせよ、 と書いてある。


優先プロバイダーへの切り替えを選択の場合には 自動的に 切り替え手続きが 画面操作できるポータルを用意してあるので そちらに進め、と書いてある。


そして、それ以外の他社プロバイダーへの切り替えを選択するなら 自分で 処理方法を探して 実施せよ 、 返金を選択するなら 返金処理のポータルを用意してあるので そちらに進め と書いてある。




しかも 「2019年1月16日までに いずれかの選択をせよ、 さもないとホスト回線会社のDigiに引き渡して その後のことには関知しない。」 というのだ。 なんと言うことだ。


多分 Digiの方では 何も対応せず、これまでの携帯電話番号も prepaid 残高も消滅 ということになるのだろう。




300RM前後もの残高があるのだ。


とにかく優先プロバイダーへの切り替え 画面に進んでみた。



ところが 私のSimカードは 購入時に 日本パスポートでは システム登録できない ということで デーラーの方で 誰か他の人間のIDでシステム登録してある。 そもそも どこのデーラーだったかも思い出せない。


登録情報に記載されているパスポートコピーを画面添付しないといけない システムになっているので どうしようもない。


返金処理の方も同様だ。おまけに 返金の為には 銀行口座の本人証明も添付せよ となっている。私のものを添付したらシステム登録氏名と異なるので 銀行口座の氏名不一致で拒否になってしまう。



どうしようもない状況だ。



やはり 外国人であっても 自分自身のパスポートナンバーでSimカードが購入できるプロバイダーを探して購入するべきだったのだ。



このままでは 手立てがなさそうなので 300RMの前払い金は 消滅し、おまけに 新しいSimを買うことになるが、そうするとこれまでの携帯電話番号も使えないという最悪の方向だ。


銀行口座のオンライン操作でも ワンタイムパスワードの為に 携帯電話番号を登録してあるし、クレジットカードのほうも同様だ。


他にも色々と面倒なことだ、 友人へ 電話番号の変更を連絡しないといけないし、混乱しそうだ。


年末だと言うのに とんだ贈り物だ。


もっか 日本帰国中なので 何もこれ以上のことはできない。


マレーシアに戻ってから 対応するしかない。



ウンザリだ。



以上 (12/20記)