gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

マイナンバー制度 4 ( 外国小切手取立て、今回はマイナンバー聞かれなかった。)



前回 (2018/6月) 外為取扱支店で 外貨チェック(外国小切手)を取り立て入金しようとしたら マイナンバーを聞かれた。



::::::::::::


マイナンバー制度 3 ( 外国送金だけでなく、外国小切手の取立て にも ) - gary1212のブログ



https://gary1212.muragon.com/entry/465.html


::::::::::::



おおよそ半年後の本日(12/13)、 外国小切手を同じ外為取扱支店に持っていった。



また 同じように マイナンバーのことを聞かれるのだろう、 そして 「来年から 外貨送金だけでなく 外貨受取り にもマイナンバーがないと対応をお断りするかもしれないです」 という警告があるものと覚悟していた。



そしたら 今回は マイナンバーのことは何も聞かれなかったし、来年の警告もなかった。



一体 どう考えれば いいのだろう。



そう言えば 前回までの窓口担当者は 外為セクションのベテランの女性行員だった。


年齢は 40歳台。



今回は 若い女性行員が窓口だった。これまでのベテラン女性行員の姿は見当たらなかった。


支店異動したのか 退職したのか。




若い女性行員に聞いてみた。「前回までは 外為小切手取立依頼時 と 数日後の入金時のそれぞれに 支店に 出向く必要があったんだけど、次に来るべき日が決まったら 電話をくれるのですよねー 、通帳持参で。」



そしたら 「いいえ 次の来店の必要はありません。数日後に入金処理されるので、最寄りの支店で通帳記帳して 確認してもらえば結構です」 という回答だ。



なんでも システム変更があったので、前回までのように外為支店に2回出向く必要がなくなった、という。


これまでも 都内の大型支店で そこが預金口座開設であれば、一回だけの来店で 入金処理まで完了できたのだが、自宅から一番近い支店に行くほうが便利だ。 だから 来店が2回になっても、川崎市内にある外為取扱支店に出向いていた。



それが これからは 1回で済む ということなので 有り難い には違いないのだが、マイナンバーの取扱がどうなるのか、ベテラン女性行員から若い女性行員に窓口担当が変更したことで 次回からの 外国小切手の取立てが スムーズに行くのかどうか、 気にかかる。



以上 (12/13 記)