gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

ソフトローン : マレーシアは発展途上国? 超優遇融資の申し入れ

ソフトローンの意味を調べてみた。


発展途上国にために 「 一段と緩和された融資条件での」 貸し出し だと説明されていた。


::::::::::::


< ソフト・ローンとは >


国際開発協会(International Development Association=IDA、第二世銀)の提供するような緩やかな貸付条件の借款のこと。発展途上国は先進国からの経済援助や商業信用を受けているが、途上国のなかには債務の返済が多額になり、国際収支上の負担が大きくなり、円滑な経済開発の促進、特に社会的間接資本(インフラストラクチャー)の整備が困難に陥っている国もある。国際復興開発銀行(世界銀行)は、発展途上国に対する開発融資を主な業務にしているが、その貸付原資の大部分は外部からの借入金に依存しているので、資金調達コストを基礎に金利が設定され、準商業ベースの貸付条件になっている。したがって、前述したような発展途上国は、世界銀行より一段と緩和された融資条件が必要であり、この要請に応えるためにIDAが設立された。IDAの融資条件は、無利子、手数料0.75%、償還期間35年~40年、10年間の据置、その後の10年間は元本の1%ずつ、30年間は3%ずつの返済という、世界銀行と比較すると極めてソフトなことから、このような貸付のことをソフト・ローンという。


::::::::::::


マハティール首相が 安倍首相に申し入れたソフトローンだが、マレーシアは発展途上国という位置付けなんだろうか。


KLは 東京以上に 発展している近代都市なのだがなぁ。。





以上 (6/16記)