gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

イスラム保守主義へ傾倒 ( ジョホールでのサーベイ結果 、 スルタンと庶民の見解相違 )



Johor's Malays tilt towards conservative Islam: Survey, SE Asia News & Top Stories - The Straits Times


http://www.straitstimes.com/asia/se-asia/johors-malays-tilt-towards-conservative-islam-survey



ジョホール州って、シンガポールに近いこともあり、マレーシアの中では 生活スタイルや考え方も 、他州に比べウエスタン的モダン主義なんだろう と思っていたが、そうでもなさそうだ。



ジョホール州でのサーベイの結果は、人々は イスラム厳格化を望んでいる というのだ。

Most Johorean Malays prefer Muslims in key leadership positions. Three in four are supportive of strict Islamic criminal laws called hudud that have punishments, such as stoning for adultery and amputations for theft, being implemented in the state.

マレー系のうち 75% が ハッド刑に賛成している。


And slightly over half, or 57 per cent, want those laws applied to all Malaysians regardless of religion.


そして マレー系のうち、57%が ハッド刑は ムスリム以外にも適用すべき と考えている。




:::::::::::::

(サーベイの概略)



1) A sample of 2,011 Johor respondents - comprising 1,104 (55 per cent) Malays, 758 (38 per cent) Chinese and 149 (7 per cent) Indians - were interviewed over the phone between May and June this year. The survey, commissioned by ISEAS - Yusof Ishak Institute, polled them on their views on the role of Islam, on governance and on the Johor Sultan. Here are the key findings:


サーベイ対象 : 2011人 ; ( 内訳) マレー系 1104人( 55%) 、 758人 (38%) 、 149 人(7%)


2) 94% of Malays agree that "the Johor Sultan is a good guardian of Islam in the state". But they may not necessarily agree with the ruler's views on Arabisation, and the federal religious bureaucracy Jakim, and Islamisation.


マレー系の94%は ジョホール州のスルタンは イスラムの良き守護者と考えているが、だからと言って 必ずしも アラブ化に関するスルタンの見解に同意しているわけではない。 ( ここのところが 実に微妙だ。)


3) 84% of the Malays feel that Muslims should occupy a majority of state government seats.


4) 90% of Malays agree that "increased Islamic religiosity is a positive development in Malaysia". In contrast, 79 per cent and 68 per cent of Chinese and Indian respondents, respectively, disagree with the statement.


5) 75% of Malays support the application of hudud laws (Islamic criminal code) on Muslims.


ハッド刑 というのは 手足をちょん切ってしまう、とか 石を投げつける という恐ろしい刑だ。

そんな刑に75%が賛成しているというのだ。


6) 57% of Malays want hudud laws to be applied to all Malaysians. Only 2 per cent of Chinese and 10 per cent of Indians agree.


華人系とかインド系は そんな恐ろしい刑は モスリムだけでやってちょんまげ 、わしらには 勘弁よ、 と言っているんだが、マレー系の 過半数は 華人もインド系も ハッド刑の対象であるべき、 と考えている。



:::::::::::::



ジョホール州のスルタンと マレー系庶民との間の微妙なズレ の点だが、どういうことか というと 次の点なのだ。



Sultan Ibrahim last year expressed fear that Malaysian Malays were losing their cultural identity by imitating Arabs and abandoning Malay cultural practices. He reportedly said: "If there are some of you who wish to be an Arab and practise Arab culture, and do not wish to follow our Malay custom and traditions, that is up to you. I also welcome you to live in Saudi Arabia.



マレーの文化を捨て去り アラブを模倣することことへの懸念をスルタンは表明している。


アラブ文化に従いたいというなら そうすれば良いが、そういう人はサウジアラビアに住めば良いのだ、 というのがスルタンの考え方だ。



これに対して、ジョホール州のマレー系庶民としては、必ずしも 全くその通りです と思っているわけではない ということだ。



以上 (11/25 記)