gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なので毎日書くように努力してます。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

シンガポール KL 間の 航空便数 (世界一) と 新幹線計画



Singapore-KL is world's busiest international air route | New Straits Times | Malaysia General Business Sports and Lifestyle News


https://www.nst.com.my/news/nation/2018/05/365605/singapore-kl-worlds-busiest-international-air-route



シンガポールとクアラルンプールを結ぶ国際線の航空便数は世界一の多さ だ。


距離的には近い両都市空港間だが、1日平均84便ものフライトがある。



第2位は 香港と台北間、 第3位は ジャカルタとシンガポール間 となっている。



さてこのシンガポールとKL間については 新幹線(高速鉄道)計画がある。


従来の在来線鉄道では 5時間かかるものを 新幹線構想では 僅か90分に短縮される。


そうなれば 航空便の本数も減ることになるのだろう。




新幹線計画には 日本のほか、韓国 、中国、フランスなどが入札に参加してくるものと予想されている。



Japan offers facial recognition technology as part of bid for KL-Singapore HSR project | New Straits Times | Malaysia General Business Sports and Lifestyle News



https://www.nst.com.my/news/nation/2018/05/366908/japan-offers-facial-recognition-technology-part-bid-kl-singapore-hsr




Bids for the KL-Singapore HSR project are due to be submitted by the middle of this year and the successful bidder will be known by year-end.


Other bids are expected to come from China, South Korea and France for the project that is expected to be operational by 2026.


The 350-kilometre HSR project is intended to cut travel time between Kuala Lumpur and Singapore to 90 minutes from the present four to five hours.—BERNAMA



日本としては 新幹線の無事故の安全性実績のほか、顔認証システムの技術などもセールスポイントで売り込むことにしている。


シンガポールとクアラルンプールは別の国になるので イミグレーション手続きの問題がある。90分への短縮時間により、新幹線通勤客の増加を見越すと、単にスピードだけを強調しても イミグレーション手続きで時間を取られては 時間短縮効果が活かされない。



そこで 日本としては イミグレーション手続きでの顔認証システム技術もセットで 売り込むという作戦だ。


新幹線が シンガポール-マレーシア間の国境を時速200キロ以上で通過する際に 一瞬で パスポート情報と 乗車客の顔を読み取る というシステムなんだろうか。いかに日本がハイテクノロジー先進国と言っても、 いくらなんでも そこまではないだろうなぁ。





以上 (5/9 記)