gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

パスポート紛失の場合 1 (ペナン総領事館での手続き必要書類 、 マレーシアパスポートのケース )



日本国パスポートを海外で紛失した場合、戸籍謄本がないと再発行をしてくれないと 聞いていたので、戸籍謄本オリジナルを常に携行して 海外旅行(海外滞在)するように心がけている。


戸籍謄本は出生関係などの記載書類書あり その記載内容の事実が変化することはあり得なく、数年前のものでも有効の筈だ。


だから 多少古い日付でも 戸籍謄本オリジナルを 海外の日本領事館に提示さへすれば パスポートを再発行してくれる と思っていた。


ところが 念のため ペナン総領事館で聞いてみたところ 6ヶ月以内の戸籍謄本が必要だ、という回答だった。



そうか、戸籍の内容は 永久に同じとは限らないのだ、だから可能性として戸籍の移動がある以上 最近の日付(6ヶ月以内)で取得された戸籍謄本の提出を領事館は要求する のだ。




外務省のホームページにも 確かに そのように明記してある。


::::::::::::


(注)戸籍謄本又は抄本(原本)及び住民票の写しは申請日前6か月以内に発行されたもの,また,写真は6か月以内に撮影されたものに限ります


https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html


::::::::::::



これから 日本に帰る都度 最新の戸籍謄本を入手しておくことにしよう。





さて 一方で マレーシア人が 日本滞在中に パスポートを紛失した場合には どうすれば良いのだろう。




https://says.com/my/lifestyle/follow-these-3-steps-if-your-passport-is-lost-or-stolen-when-you-re-overseas



Emergency Certificate の申請ができ、それでマレーシアに帰国できる と書いてある。



この点、日本のパスポートの場合は そのような制度はない ので、なんとかして 6ヶ月以内の戸籍謄本を日本より 取り寄せないと 日本へ帰ることができない と言うことになるのだろうなぁ。。



もし、パスポート紛失/盗難時に 財布やクレジットカードやスマホも一緒に失くしてしまい。日本(留守宅家族)への連絡手段もない場合 には 一体 どうすれば良いのだろう、 領事館が助けてくれるとは思えないし、なぁ。。。 (末尾 : 追記参照)



領事館も助けてくれない、金もない 、日本への連絡手段もない、という切迫詰まって状況になると こんなことを思いつくかもしれない。


マレーシアで 何か他人に迷惑の及ばないような形で 犯罪でも行へば 日本に強制送還される ので 日本への帰国が出来るのじゃないだろうかって。


他人に迷惑や危害が及ぶ犯罪行為だと マレーシアの牢屋に入れられて おまけに むち打ち刑になる可能性があるので、そんな目には会いたくない。


そうすると 駐車違反を繰り返す とか 禁煙場所で喫煙を繰り返す とか だろうか、 でも それで 日本に強制送還してくれるとも思えないしなぁ。





以上 (10/21 記)




追記 ; もしかして、クレジットカード会社が 緊急対応してくれるようなサービスがあったかもしれない。どういうシステムか 調べておこう。