gary1212のブログ : マレーシア、イポーからの異文化体験のお便り日記 を更新中。 日記なのですが 毎日じゃなくて、数日に一回程度です。

滞在期間がマレーシア以外の時は、「番外編」のタイトルにしています。

マレーシア-イポー長期滞在生活での日常での出来事を書いてます。
マレーシアと日本の文化の違い発見、地方への旅行で見つけた発見、などなど。
ブログの目的は、自分自身用の日記ですが、公開日記にすることで 情報を調べたり、確認する必要があるので、脳機能の活性化になっています。

中国ウイグル迫害 と マレーシアの立ち位置 (さすが マハティールだ!)


マレーシアのことにも触れている 記事 (下記 ニューズウィーク) があったので 、 ウイグルに関して マレーシアサイドの新聞記事を検索してみた。



::::::::::::


ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11131.php



::::::::::::



抜粋


1) 中国政府によるウイグル迫害を事実上容認するムスリム国家も少なくない。

2) エジプト政府は昨年夏、ウイグル人数百人を中国に強制送還した。そんなことをすれば、彼らは一生獄中生活を送ることになるか、処刑される可能性もあると分かっているのに、だ。

3) マレーシアとパキスタンも11年に同じことをしている。

4) 今や中国は、ほぼ全てのムスリム国家にとって重要な貿易相手国だ。その多くが中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)か、広域経済圏構想「一帯一路」に参加している。

5) 中国は南アジアでインフラ投資を進め、東南アジアでパーム油や石炭といった原材料を大量に買い付け、中東諸国にとっては最大の石油輸出先だ。

6) ムスリム国家の沈黙が破られる可能性はある。例えば、ムスリム国家でも民主主義体制を取るマレーシアとインドネシアから、ウイグル支援の声が上がるかもしれない。

7) 歴史的・文化的つながりが深く、世界最大の亡命ウイグル人コミュニティーがあるトルコにも期待ができる。実際、09年のウイグル騒乱では、ムスリム国家のリーダーの中で唯一、レジェップ・タイップ・エルドアン大統領(当時は首相)が中国批判の声を上げた。






これに対して マレーシアサイドの最近の新聞記事は 以下のとおりだ。



::::::::::::


1) 16 Oct 2018 | 7:00 AM

PM: Uighurs did not break any laws

THE 11 ethnic Uighur Muslims were set free as they have not broken any laws in the country, says Tun Dr Mahathir Mohamad.



https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/10/16/pm-uighurs-did-not-break-any-laws/


PM: Uighurs did not break any laws




2) 15 Oct 2018 | 1:41 PM

Dr M: Uighur Muslims released as they had not broken Malaysian laws

KUALA LUMPUR: The 11 ethnic Uighur Muslims were released from Government custody as they had not broken any Malaysian laws, said Prime Minister Tun Dr Mahathir Mohamad.


uighur-muslims-released-as-they-had-not-broken-malaysian-laws/


Dr M: Uighur Muslims released as they had not broken Malaysian laws


3) 12 Oct 2018 | 8:07 PM

China opposes Malaysia’s release of 11 Uighur Muslims

BEIJING (Reuters): China said on Friday that it resolutely opposed Malaysia’s decision to release 11 ethnic Uighur Muslims from detention and send them to Turkey, disregarding China’s request to hand them to Beijing.


https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/10/12/china-opposes-malaysia-release-of-11-uighur-muslims/


China opposes Malaysia’s release of 11 Uighur Muslims





4) 11 Oct 2018 | 8:38 PM

Defying China, Malaysia releases Uighur detainees

KUALA LUMPUR (Reuters): Malaysia has freed from detention 11 ethnic Uighur Muslims who fled to the South-East Asian nation after a Thai jailbreak last year, and sent them to Turkey, their lawyer said on Thursday, in disregard of China’s request to hand them to Beijing.



https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/10/11/defying-china-malaysia-releases-uighur-detainees/


Defying China, Malaysia releases Uighur detainees



::::::::::::



さすが マハティールだ!


ナジブ政権時代に取られた親中国政策をマハティールは苦々しく思っていたのだろうが、それは経済面だけではなく 弾圧面に関しても 中国側のご機嫌伺いは マハティールが政権復帰した以上 もう終わりだ、という姿勢を鮮明に打ち出した のだ。


なお 冒頭のニューズウイーク日本版 の記事では 「2011年にマレーシアも同じことをしている」と言及しているが、最近では2015年にも同じことした とマレーシアサイドの記事では指摘している。



The Uighurs in Malaysia were part of a group of more than 200 detained in Thailand in 2014.


Although they identified themselves as Turkish citizens and asked to be sent to Turkey, more than 100 were forcibly returned to China in July 2015, sparking international condemnation.


In February, Malaysia said it was considering China’s request to extradite the 11 men. In the past, it has sent some detained Uighurs to China.


Their detention came as Malaysia drew closer to China under former prime minister Datuk Seri Najib Tun Razak, but 93-year-old Dr Mahathir, in his second stint as premier, has been vocal in backing Muslim communities against persecution.



チベット問題やウイグル民族問題については 中国には中国の言い分があるのだろう。その言い分は漢の武帝による西域経営まで遡るのだろうか。






以上 (10/25 記)